ホーム
指導指針 初等部紹介 中等部紹介 高等部紹介 マンツーマン Q&A 資料請求
 
中等部
高校合格体験記
 

私が第一希望に合格したのはラサールと学校生活の両方に全力で取り組んだからだと思います。中3の春にラサールに入り、HAクラスのレベルの高さに驚き、結果、必然的に勉強をするようになりました。夏期講習ではお盆休みも返上し、朝から晩まで勉強しましたが、秋以降の北辰テストで毎回何かの教科が、足を引っ張り高偏差値に結びつきませんでした。比較的得意と思っていた数学が低迷した12月からは、自主的にHBクラスのテキストをもらって基礎固めに力を入れました。振り返ってみると、北辰対策、弱点強化、通常授業と一日5〜6時間授業を受け、ラサールで忍耐力が養われたと思います。
 
高校では更に難しく流れも速い授業になり、勉強が大変になると思いますがラサールの各教科の先生方に教えていただいた基礎を忘れずに精一杯努力していきたいと思います。ありがとうございました。

 

思えば僕がラサールに入ったのは小学4年生の春でした。友達の兄弟が通っているということで僕も通い始めました。ラサールでの授業はどれも面白く、勉強をするのが少しずつ好きになりました。中学生になり、たくさんの人が入塾してくるにつれて、僕の勉強に対する意識は変わりました。それまで定期テスト前しか勉強していなかった僕でしたが、少しずつ予習・復習をするようになりました。
 
ラサールは、先生と生徒の距離が近く、いろいろなことを質問できる塾でした。僕も受験直前には授業後に分からない問題を教えていただきました。先生も言っていたように高校受検は「ゴール」ではなく「通過点」です。高校では、文武両道を目標に高1から勉強を頑張っていきたいと思います。そして、大学受験では全国のライバルと勝負し勝っていけるように努力していきます。

長い間お世話になりました。ありがとうございました。

 

特にそのために何かをする訳でもなく、定期テスト前のみ勉強していました。しかし、ラサールに入った夏に私が直面した現実はそうはいきませんでした。今の内申は一女に受かる目安より低いこと、勉強法を見直さなくてはならないこと、周囲のクラスメイトたちのレベルの高さを知り、その時から勉強に対する意識が変わりました。
 
中2の二学期からは、ラサールの御指導のお陰で成績・内申を伸ばせましたが、問題は中3からでした。北辰テストでいい成績が出せず、四苦八苦していました。特に理社が初めの方苦手でしたが、秋冬にはむしろ理科が得点源になったのはラサールのお陰です。石井先生の分かりやすい解説で、過去問でも高い点を取れました。加藤先生は、ただ問題の解説だけでなく、それに関連づけた内容を教えて下さったので、物事を関連づけ、つながりを把握して暗記できました。国語で一時期スランプになった私でしたが、溝邊先生の記述問題の解説で乗り切れました。数学が苦手でよく苦しんでいましたが大橋先生の授業のお陰でミスを繰り返さなくなりました。そして、塙先生には英検や分からない単元がある度補習して頂き、ありがとうございました。二日には手ごたえが最悪でもう駄目だと思いましたが、十日に心の底から笑えたのはラサールに通っていたからです。憧れていた高校の生徒になることができて本当に嬉しいです。
 
これからは行きたい大学を見つけて、そこに向けてラサールの高等部で勉強を続けたいです。

 

中1の頃は定期テストで良い順位をとるために勉強をしていました。そのため、テスト前しか勉強していませんでした。しかし、クラスがHAに上がると、周りの生徒は必死に自分も負けていられないと思うようになりました。また、中2のときの受験についての説明で少しずつ勉強をするようになりました。

ラサールの授業で印象に残っているのは、夏期講習です。夏期講習では、初めテキストを見たときとても難しそうで自分が解けるのかと不安になりました。しかし、講習でしっかり考え、先生方にサポートしていただきながら取り組むことで、少しずつ解けるようになり自信がついていきました。また、夏期講習の時間はあまり長くなかったため、終わった後自分が苦手な点を考えしっかり勉強することができました。

合格発表の日は、とても緊張しましたが、自分の番号を見つけた時はとても嬉しかったし、ラサールで勉強してきて良かったと感じました。まだ、大学受験もありまだまだ勉強は続いていくので、ラサールで身につけたことをいかして頑張りたいです。

 

当日は、起きたときから受かっているかどうかずっと心配していて、自分の番号を確認してしまったほどでした。事務室で書類をもらって、改めて自分が浦和高校に合格したんだと再確認しました。

僕は、内申があまり良いほうではなく、当日のテストで点をとらなければならず、そのために、ラサールで一生懸命に勉強しました。通常の授業に加え、春・夏・冬の講習や、直前特訓もあり、合格ハチマキや、合格鉛筆にはげまされたこともあって、ぶじに合格することができました。苦手な社会をいじりながらもたくさん教えてくれた加藤先生、得意な数学をより得意にしてくれた大橋先生、笑いをとりつつも国語を安定するぐらいまでとれるようにしてくれた吉澤先生、理科の苦手なところを教えてくれた石井先生、英作をしっかり教えてくれた西村先生、また他の先生にも、協力してもらい、それらの先生方には感謝してもしきれません。もしラサールに入っていなければ、浦高に受からなかったと思います。これらのことをラサールに感謝しつつ、大学受験に向けて、しっかりと努力していきたいです。

 

思い返せば私が志望校を決めたのは9月の初めでした。特に行きたい高校もなく家に近いとかいう理由で志望校を選んでいたので勉強にも身が入っていませんでした。そんな時に友達が一緒の高校に行こうと誘ってくれて自分の中のヤル気に火がつきました。

ラサールの先生は優しく、ときには厳しく一つ一つ丁寧に教えて下さりました。そんな先生方と勉強するのが本当に楽しくて、自分のためはもちろん先生方への恩返しするためにも絶対合格したいと思うようになりました。だから授業の後に先生に残ってもらってわからなかったところを分かるまで何分もかけて教えて頂きました。そんなときでもイヤな顔一つせずとことん勉強につきあってくださった先生方には本当に感謝しています。今回の合格はラサールの先生方とだったからこそ掴みとれたものだと思っています。そんな先生方に教えて頂いたことを大切に大学受験へ向けてがんばりたいと思います。

 

入塾する前の時点で内申が31しかありませんでした。しかし、ラサールで定期テスト対策をしてもらい、中3のときには内申を42まで上げることができました。ラサールで約一年学んだことにより、内申を11上げることができたのです。1年の時の内申が32、2年のときが36、3年のときが42で、僕が受けた浦高は3年の内申を1:1:2で取るので、3年間の平均は38ほどでした。公立高校受検において、内申というのは、かなり大事で、内申が良くなかった僕は浦高を受かることができるのか不安でした。それでもラサールで五教科を入試で点が取れるようにしっかり勉強し、自分でも一日の中で長い時間自習したことにより何とか合格することができました。内申が低かったにもかかわらず、僕を励ましてくれたラサールのおかげで合格できたと思っています。中3の夏までは内申を上げることを意識し、そのあとの夏期講習からは入試で点が取れるように対策していくというラサールの方針に従えば、どんな公立高校でも受かると思うので、ラサール生のみなさん、よりよい高校合格へ向けて頑張ってください。 

 

数学が難しく、合格をあきらめかけていただけにとてもほっとしました。私が高校に合格できたのはラサールのおかげです。数学が思うように点が取れずに焦っていたけれど授業で何度も本番と同じように演習をくり返してくださいました。また、たくさんの先生が直前まで質問に答えてくれたりアドバイスをくれ、分からないところをつぶすことができました。こうしたラサールのあたたかい指導を最後までうけることができて本当に良かったと思っています。
 
しかし、高校がゴールではありません。高校で良い勉強ができるよう、受験勉強だけでなく、多くのことを教えてもらいました。これからも新しい目標を持ってラサールに教えていただいたねばり強さで頑張っていきたいと思います。最後にラサールのユニークでやさしい先生方に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。 

 

憧れて入ったものの最初はなかなかうまくいきませんでした。何とか頑張ってみるものの、いつまでたっても成績は不安定なままでした。そんななかでいつのまにか中学3年生になりました。周りは皆部活を引退していて(私は文化部に所属していました)、毎日が焦りと不安でいっぱいでした。結局私が本格的な受験勉強をはじめたのは、夏期講習、それも後半からでした。もともと数字が苦手だった私は、テストでもとても人に言えない点数を連発して、他の教科の足をだいぶ引っ張っていました。そんな私が受験を成功させられたのも、大橋先生をはじめとしたラサールの先生方のおかげです。

3年後の大学受験はきっと今以上の試練が待ち受けているはずです。それらにも勝てるように全力でがんばっていきたいです。

 

チラシには、一つ上の先輩たちの写真と、合格実績が乗っていました。公立の合格率が九十パーセントを超え、浦高合格者が十六人近くいることを見た瞬間に、この塾に入りたいという気持ちが湧いてきて、入塾することに決めました。面談では、志望校を聞かれたときに、その頃は市立浦和に行きたかったので、市立浦和と言ったら、大橋先生が市立浦和ですかみたいに市立かよ的な雰囲気を出してきたのを感じて、この塾そうとうすごいんだなと思ったのを覚えています。夏期講習が始まると、周りには他中の知らない人たちばかりで、どこに座ったらいいのかも分からずに、女子側の一番前に男子一人で陣取ってしまい、とても恥ずかしい思いをしました。それでも授業はしっかり集中でき、とても質の良い勉強をすることができました。

夏期講習が終わり、このまま一人かなと思っていたときに、少しずつHBのクラスの人と打ち解けていき、仲良くなって良い仲間を手に入れました。そして日々の授業でレベルアップしたことを北辰テストでも発揮することができ、浦高に行きたいと思うようになりました。HBには同じ浦高を目指していた友達が多く、一緒に行こうねと「浦和でわらう同盟」を組み、絶対に合格しようという気持ちが芽生えました。ラサールに入ってからの授業や日々の勉強により、浦高に合格することができました。合格できたのは、ラサールの先生方の熱いご指導のおかげがあってのものだと思います。ラサールに入塾していなかったら、今の自分はいないと思います。ありがとうございました。

僕はラサール高等部でも頑張り、国公立大学に合格し、夢を達成できるように日々努力していきたいです。

 

私は勉強がキライで中学に入ってもテスト前しか勉強はしていませんでした。中3になり、部活を引退してからやっと私は危機感を覚えて勉強をしっかりするようになりました。ラサールでは超難関校の過去問などハイレベルの問題をたくさんやらせてくれました。とくに英語や国語は最初壊滅的で過去問のヒドい点数に何度も心が折れそうになりました。けど何度も過去問を解いているうちに解ける問題が増えてきているのを感じ、点数も少しずつ上がってきて勉強することが楽しく感じるようになりました。またどうすれば頭が良くなるのか勉強方法を考え、今まではあまりやっていなかった家庭学習も自分からやるようになりました。私立受験前はとくに大橋先生にはとてもお世話になりました。毎日のように、夜遅くまでわからない問題を私が理解できるまで丁寧に教えてくださいました。先生方は授業はもちろん、質問をすればいつでもすぐに答えてくださってどんどんわからない問題を潰せたことが合格につながったと思います。ラサールの先生方にはとてもとても感謝しています。今後も気を抜かずに大学合格という目標に向けラサールで頑張っていきたいです。

 

なぜラサールで学力がのびたのか考えると、思いあたる節がいくつかあった。一つは生徒と先生の関係だ。ラサールではフレンドリーな先生が多いと僕は思う。なので先生に質問をしやすく、先生が生徒の課題を見つけやすいと思う。もう一つは宿題が少ないところだ。他の塾では、宿題をありったけ出して、宿題さえやっていれば勝手に学力がつき、志望校に合格することができるという方針が多い。しかし、ラサールでは、宿題をほとんど出さない。それにより、自分で考えて学習する時間が多い。一番効率の良い受験勉強は、まず、全体を学習してから、弱点をつぶしていく方法だと思っている。このやり方をラサールは行っている。なのでラサールは宿題が少ない。全体を学習することはできるが、弱点をつぶしきれない塾は大抵、課題を多く出している。ラサールでは弱点をつぶしきることができる。それは宿題の量が少ないためだ。弱点を一番知っている人は自分自身だと僕は思う。なので自主学習を勧めているラサールは弱点をつぶしきれるのだと思う。宿題をしない分、先生のアドバイスと自分の考えを合わせて弱点を見つけ、多大な時間をかけられる塾は数少ないと思う。そこが弱点をつぶしきれる秘けつだろう。先生が選んだ問題ではなく、自分が選んだ問題を解くことがラサール独自だと思う。ラサールでの学習はうまく利用すれば効率はすごく良いので僕がラサールで学習して合格することができた。

 

一女は内申の比率が低いとはいえ、合格できたのはラサールのおかげです。冬休みは授業後ラサールに残り、自習をしました。新しい問題に取り組むことよりも間違えた問題の解き直しを重視しました。理科や社会の暗記関係で忘れていたり、覚えていなかったものは、ルーズリーフにまとめて時間があるときに見ていました。授業の復習は必ずやった方が良いです。2年の内申が34でしたが、3年は41まで上げることができました。それでも良い方ではありませんが。こんな内申でも、しっかりとラサールの授業を聞き、家庭学習に取り組んでいれば、内申が低くて悩んでいる人でも大丈夫です。内申よりも実力の方が重視されるので、取り戻せない内申のせいで志望校を下げようと考えている方がいれば、実力しだいで何とかなります。がんばって下さい。ラサール生の健闘を祈っています。 

 

中1の最初は授業についていけているか不安でしたがラサールでの学習のおかげで学校の定期テストでも安定した順位を取り続けられるようになりました。また北辰テストではラサールで培った応用力で良い成績を残すことができました。
 
このラサールで苦手なところを克服して応用力をつけられたことで浦和高校に合格できたと思います。どの教科でも単元テストをして苦手な部分を早く見つけられ、つぶすことができました。僕が一番苦手な国語では入試向けの問題をたくさんこなし、入試で良い点が取れるまでになりました。三月十日に自分の受験番号を高校で見たとき嬉しくて、ホッとした気持ちになりました。ラサールには感謝しています。高校でも大学受験に向けて努力していきたいです。 

 

中学校の女子バドミントン部の先輩で、勉強も部活も完璧で私の好きなピアノもとても上手でした、そんな先輩とまた一緒にバドミントンがしたいと思い。大宮高校を志望しました。
 
初めは、ラサールでも学校でも常に上位をキープしていたし、北辰テストでも安全圏に入っていたため、心のどこかに余裕がありました。でも部活が終わり、夏休みに入ったくらいから、成績が伸び悩むようになり、一番上のクラスにギリギリ残っているくらいにまで学力が下がりました。下がったというよりも、周りの人の伸びについていけなくなったのだと思います。テストが返ってくるたびに涙を流すことが多くなりました。受験校を変えようとも思いましたが、今変えたらどんどん学力が下がっていくような気がして、思いとどまりました。一番つらかったのは、第三回の市一斉テストです。学力を確かめる最後のチャンスだったのに、結果が悪く、どうすればいいのかわからずに、意味もなくラサールに電話をかけました。そのときに先生は、「たった一回のテストで一喜一憂しないで、常に本番のことだけ考えていなさい。」と私を励ましてくださいました。そのときの私は、ちょうど、そんな言葉を待っていたのだと思います。どこが駄目だったのか、どうすれば点数が上がるのかということよりもただ、励まし、勇気づけてもらいたかったのです。もちろんその後に詳しくテストについて解説してもらいましたが、あのときの言葉が私を合格に導いてくれたと言っても過言ではありません。
 
教えるのが上手なだけでなく、生徒一人一人との関係を大切にしてくださるラサールの先生方、本当に感謝しています。

もう一つ、先生から大切なことを教えてもらいました。それは、高校受験はまだ人生の通過点に過ぎないということです。これで終わりとは思わず、この先に待っている大学受験、就職活動なども見すえて高校生活を充実させたいと思っています。先生方、これからもサポートよろしくお願いします。

 

僕は中2からラサールに入り、五教科を取り始めたのは部活を引退してからでした。夏頃から筑波大学附属高等学校を第一志望にして勉強をしてきました。また、近くにとても優秀な友達がいてくれたので、その人を目標に集中力をとぎらせることなく、がんばり続けることができたと思います。

ラサールでの勉強は先生がとてもおもしろく授業をしてくれたので、楽しかったです。他にも宿題が少ないため、自分のペースで自分が苦手な分野を徹底的に学習することができました。

これからは、高1から勉強をスタートし、国公立大学に合格し、高校受験でのリベンジを果たしたいです。

 

私は、すごく自分に甘い性格だったので、受験生という自覚がありませんでした。でも授業中の過去問や模擬試験のおかげで、本番さながらで勉強できました。また、友達も真面目ですごく勉強環境が良く、先生たちも質問にたくさん答えてくれました。志望校も特になく、目標もなかったけれど、先生たちの話や自分の実力が分かってきて、最終的にはすごく行きたい高校が見つかりました。私立も公立もその高校に合ったアドバイスをしてくれて、とてもためになりました。塾に入り、ラサールの授業を受けているだけで、どんどん問題を解けていけるようになり、難しい問題でもあきらめず取り組むようになったので、過去問を解くのも楽しくなりました。

ラサールに入って良かったと思っています。今まで、優しく的確な指導をしてくれた先生方ありがとうございました。

 

他の教科でも数学を補えるほどの点数はなかなか取れなかったので、私が合格したのは本当にありえないことだと思います。
自己採点の結果も先生が言っていた最低点にはとどいていなかったので自分でもどうして受かったのか全く分かりませんがこんな私でも土壇場で力を出せるような授業をしてくれたラサールに通っていてよかったと思います。

高校では克服できなかった数学を取り返せるようにしたいです。

 

前の塾では基本的な内容を勉強することが多かったですが、ラサールで少し難しい内容に触れるようになり、当初は困惑しました。しかし、ラサールでは和やかな雰囲気のなかでも細かく分かりやすい指導を受けることができ、そのおかげで確実に学力を向上させることができました。

今年度から学校選択問題が導入されるときき、不安な気持ちが大きかったですが、ラサールでの徹底的な対策でより安心した状態で試験に臨むことができました。このように応用的な問題に対応することができたのは、ラサールの指導ならではであり、前の塾ではできなかったことだと思います。
 
これから、高校に進学することになりますが、ラサールへの感謝を忘れずに大学受験という新たな壁に向けて努力していきたいです。

 

辛いことも何度もあったけど、ラサールで勉強している時は、とても楽しくて仕方ありませんでした。ラサールの先生方には学習面だけでなく、精神面でも大きく支えてもらったと思います。ラサールの先生方は個性がにじみ出しすぎてて、良い先生だなと思いました。同じ教室で頑張ってきた友達にはものすごく感謝しています。どんなときも、ラサールでは笑顔になれました。

高校では苦手な数学をまともにできるようにしていきたいです。 

 

私の一女への道のりは決して楽なものではありませんでした。北辰テストでは全く良い結果が出ず、快進撃ラサールに一度ものることができず、あせる一方でした。そんな時でも一女を受けることをあきらめずにこれたのは、大橋先生のおかげです。大橋先生は最後まで解けない問題を何度も教えてくれました。

合格発表で、自分の番号を見つけたときは信じられず、何度も確認しました。私が一女に合格できたのは、大橋先生をはじめ私を指導してくださった全ての先生方の支えがあったからだと思います。

本当にありがとうございました。ラサールに入って本当によかったです。これからも高等部で大学に向けてがんばっていきたいです。

問合せフォーム
さいたま市浦和区北浦和3-4-5
平井ビル3-4F
PHONE 048-824-1154
このページのトップへ
ラサール進学教室
 
All rights reserved by ELAPS inc., Kitaurawa, Saitama, Japan 2006 All rights reserved by elaps inc.,Saitama, Japan: Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!